まず結論から言っておきますが化粧水のつけすぎは乾燥やニキビの原因になるのでよくないと言えます。

多くの方が化粧水をバシャバシャと使い顔をうるおしています。

化粧水をたくさん使うと水分を肌にたくさん与えることができて良い気がしますが、なぜ化粧水のつけすぎは良くないのでしょうか。

化粧水のつけすぎは逆に乾燥する

化粧水のつけすぎは良くない一番の理由として挙げられるのが化粧水のつけすぎは逆に乾燥するという事が挙げられます。

おかしな話だと思いませんか?
化粧水をつければつけるほど肌は潤うはずなのに…。。

それには水分が蒸発する時の特性に合ったのです。

その理由とは、水分は蒸発する際にもともと肌に合った水分も一緒に蒸発してしまいます。
これにより化粧水を使うことにより使う前よりもさらに乾燥した状態になってしまうのです。

そこであなたはこう思うことでしょう。

じゃあ化粧水で意味がないじゃない?

実はその通り。
ハッキリ言って今販売されている多くの化粧水はほとんど意味がないのです。

化粧水を使用している理由は何となく効いている気がするから。またはつけた後の爽快感がたまらないから止められない。という理由の方がほとんどで、多くの方が惰性で使っています。

しかし、99%以上の化粧水は逆効果になってしまうただの水、その逆の1%はとても保湿に効果がある化粧水があるのです。

順番に解説していきます。

化粧水のつけすぎで起きる様々な肌トラブル

乾燥

まずは化粧水をつけることにより起きる肌トラブルについて解説していきます。

乾燥に関してはさきほど説明しましたね。
水が蒸発する時にはもともとの水分も一緒に蒸発してしまうので、さらに乾燥してしまうと。

 

皮脂の過剰分泌によるテカり

さて、次は化粧水のつけすぎについて。
皮脂の過剰分泌によりテカリが発生してしまいます。

その皮脂の過剰分泌によるテカリが発生してしまう流れは、やはり乾燥が原因です。

皮膚が乾燥してくると、肌は皮脂という油を分泌して水分を逃がさないようにしようとします。

この皮脂がたくさん分泌されてしまう状態が過剰分泌。

化粧水をたっぷりというほどつけ過ぎることによって、乾燥からのさらに乾燥という状態になってしまいますよね。
そこで皮脂はどんどん乾燥していく皮膚に何とかして水分量を保たなければならないと思い、どんどんと皮脂を分泌してしまうのです。

ですから、化粧水を使うことにより、乾燥からの皮脂の過剰分泌状態に陥ってしまいます。

なのでもともと「意味のない化粧水」自体も意味がないのですが、たっぷりつけ過ぎるというのもそれ以上に良くないのです。

 

毛穴汚れ

上記では乾燥によって皮脂がたくさん分泌されてしまうと説明しました。
皮脂がたくさん分泌されると次は皮脂の分泌される毛穴が汚れがちになってしまいます。

毛穴汚れの多くは皮脂が酸化して黒くなってしまったもの。
ですからこの皮脂の分泌が多くなれば多くなるほど毛穴に皮脂残りが発生しやすくなり、毛穴汚れにつながってしまうのです。
またその毛穴汚れの放置も頑固な毛穴の黒ずみへと変化してしまうので、とても厄介。

どう考えても化粧水のつけすぎは良くないですよね?

 

ニキビ

ここまで説明すればもうお分りかもしれませんが、乾燥により皮脂がたくさん分泌すると、顔が脂だらけになってしまいます。

この大量の油によってニキビを引き起こしてしまう原因にもなるのです。

特にニキビ肌の方がスキンケアに力を入れています。
その中にも顔の乾燥に気を使っている方も多いのではないでしょうか。

これが逆効果になっている可能性もあるので化粧水のつけすぎには注意しましょう。

インナードライ

化粧水のつけすぎはインナードライという症状を招いてしまいます。

インナードライとは肌の内側乾燥しているのに表面は皮脂がたくさん分泌されテカっている状態の事を指します。

中はカラカラ外はベタベタという状態ですね。

これも化粧水を使い逆に乾燥してしまい、皮脂の過剰分泌が原因です。

インナードライになってしまうと表面はベタベタしているので、何だか保湿できている気になってしまいますが、実はその内側はカラカラになっているねどんどんキメの粗い汚い肌になってしまいます。

ですから化粧水のつけすぎは本当に良くないのです。

化粧水のつけすぎによる肌トラブルまとめ

どうでしょうか.
化粧水のつけすぎにより様々な肌トラブルが起きてしまうという事をご理解いただけましたか?

そしてその根源は、化粧水のつけすぎに乾燥が原因でしたね。

なので、化粧水をつければつけるほど良いと思っている方は今すぐにやめてください。

またはこまめに意味のない化粧水をつける習慣がある人もやめましょう。

あなたが使用しているその化粧水は乾燥を招く負のアイテムでしかないのです。

化粧水を塗った後のパッティングもダメ

化粧水をたっぷり付ければ良いと思っている方は、なぜか化粧水を塗った後にパッティングする傾向があります。

おそらく、より化粧水を浸透させたいという気持ちが強いのでしょう。

しかし化粧水を塗った後のパッティングは絶対にやめてください。

というのも、パッティングは顔にダメージを与えてしまうからです。
顔にダメージが加わり皮膚は傷つき、その隙間から水分が蒸発しやすくなってしまいます。

これではいつまでたっても顔を保湿する事はできません。

多くのサイトや美容家はパッティングを薦めていますが、良いところだけを説明しダメなところは説明していません。

たしかにパッティングをする事で化粧水はより浸透するかもしれませんが、その後は水分が蒸発する際に水分を連れて行ってしまうので逆に乾燥してしまうという事は伝えてくれていないですよね。

メリットだけではなく、デメリットの方にも目を向けましょう。

そしてパッティングはデメリットの方が多いので絶対にやめてください。
そもそもあなたが使用しているその化粧水自体保湿する事はできないのですから。

安い化粧水ほどダメな理由

市販されている安い化粧水はほとんどといっていいほどダメな化粧水が多いです。

その理由は、保湿に必要な成分が絶対に入っていないからです。
あなたが使用しているその化粧水は、おそらく市販のものではないでしょうか?

その化粧水を使い続ければ絶対に保湿する事はできませんし、逆に乾燥してしまう原因にもなります。

また、安い化粧水には界面活性剤が含まれている事が多く、肌に大きな刺激を与えてしまいます。

化粧水を使う条件として必ずフリー処方であることが求められます。

フリー処方でなければ肌に刺激が加わり、皮膚が傷つき、その隙間から水分が蒸発しやすくなってしまうからです。

ですから安価な化粧水はほとんど意味がないと言っていいでしょう。

たっぷりつければ良いというものではない

ここまでの説明を聞いてみて、化粧水はたっぷり付ければ良いというものではないという事お分かりいただけましたか。
また、つけすぎは逆効果のうわずみにもなってしまうので絶対にやめましょう。

ここまで読んでみるとでは化粧水で保湿する事はできないのか?と思うかもしれません。

たしかに化粧水を使用する事で水分が蒸発する際にもともとの水分も道連れにして蒸発してしまうということであれば、使う意味はないように思えるでしょう。

しかし、化粧水の水分を閉じ込めることができたらどうでしょうか?

今までの化粧水の使い方は化粧水の水分と保湿成分を肌に追加するという方式でした。
では発想を変えて、化粧水の水分と蒸発させない成分を追加するという方式であれば肌の水分量は上がると思いませんか?

もう分かりかもしれませんが、保湿できる化粧水というのは、蒸発させない成分を含んでいるもののみなのです。

では、水分を蒸発させない成分とはどのようなものでしょうか。
それはセラミドという成分。

 

保湿するにはセラミドが効果的

肌の水分を蒸発させなければ、肌の水分量は上がります。
そして肌の水分を蒸発させない成分というのはセラミドというものです。
このセラミドは簡単に説明するとバリア機能の役割を果たしてくれます。

そのバリア機能の役割が水分の蒸発を防ぐだけではなく、紫外線カットや、摩擦の軽減、肌の見た目を良くするなど様々なメリットがあるのです。
ですから化粧水を使うのはヒアルロン酸やコラーゲンが含まれている保湿化粧水ではなくセラミドが含まれているセラミド化粧水を使用するようにしましょう。

このセラミドさえ入っていれば化粧水の水分をセラミドバリアが閉じ込めてくれますから。

以下の画像をご覧ください。

セラミドがあればこのように水分を内側に閉じ込めることができます。
さらに、外部からの刺激もカットする事ができるのです。

いかにセラミドの重要性がわかったところで、実際にどのような化粧水を選んでいけばよいのでしょうか。

結論から言えば、それはお米の化粧水がおすすめ。
お米の化粧水に含まれているライスパワーNo.11は肌がセラミドを生み出してくれるように改善していくことができるからです。

次のページではお米の化粧水の選び方について解説しています。

次のページ>>>肌にセラミドを増やす方法はお米の化粧水がおすすめ!乾燥肌改善ができる唯一の化粧水とは

おすすめの記事